乳児の水分補給は、いつから開始するのかはっきり決まっていません


生後6ヶ月程度までの乳児に水分補給は、基本的には必要ないと言われています。それは母乳などで十分に水分が足りているからです。

また早くから果汁を与えると、食物アレルギーになる可能性もあると考えられています。ただし唇が乾いている、おしっこの色が濃いなどの症状がある場合は、水分が不足しているサインです。

その場合、麦茶や番茶、お水などを少量与えるようにしましょう。つまり水分補給を始める時期は、乳児の状態で決めるようにしてください。

生後6ヶ月までは、ムリに水分補給を行う必要はありません

生後6ヶ月頃までは、きちんと授乳や粉ミルクを与えていれば水分補給を行う必要はないと言われています。それは乳児が必要な量を本能的にしっかり求め、飲むからです。

したがってあえて、水分を与える必要はありません。果汁の場合、生後3・4ヶ月未満に与えると、食物アレルギーになる恐れがあると考えられています。

よって果汁を与えるのは避けるようにしましょう。

生後すぐ

必要な栄養は、母乳などにすべて含まれています。あえて水分補給は必要ありません。

生後2ヶ月以降

基本的には母乳などがメインの栄養です。水分補給を行うことで、満腹を感じれば、母乳を飲む量が減ってしまう恐れがあります。

その結果として栄養が足りずに発育に問題を与える可能性もあるため注意しましょう。どうしても水分を与える場合には、乳児によい水分を与えるようにしてください。

生後6ヶ月以降

この時期に離乳食を始める人も多いでしょう。離乳食が開始になる頃から少しずつ、水分補給を行うようにしてください。

離乳食によって、母乳を飲む量が少なくなっていきます。つまり水分が足りなくなる場合もあるため、きちんと補給しましょう。

ただ急に多くの量を与える必要はありません。小さじ1杯程度から始め、乳児のペースに合わせて徐々に量を増やすようにしましょう。

水分が不足している場合、少量ずつ水分補給を行いましょう


屋外でいっぱい遊んだ、発熱などによって汗がでたなど状況によって、母乳だけでは水分が足りなくなる恐れがあります。その際は、水分補給を行うようにしましょう。

ただしたくさんの量を補給すると、母乳などを飲む量が少なくなります。その結果として十分に栄養を摂ることができずに発育に影響を与える場合があります。

水分摂取は、少量ずつはじめるようにしてください。

・口周囲が乾いている
・便が硬い
・おしっこの色が濃い

これらの症状がある場合、水分が不足している恐れがあります。きちんと水分補給を行うようにしてください。

水分を補給しても症状が改善しない場合には、医師に相談するようにしましょう。体内の水分が足りない状況が続くと、内臓器官に影響をきたす場合もあると言われています。

おしっこや便の状態は、日頃からチェックするようにしてください。

授乳中の水分不足に注意しましょう

乳児だけでなく、ママも水分補給が大切です。なぜなら母乳だけで毎日600~800ml程度作るようになるからです。

したがって妊娠前よりも1000ml程度以上多く摂取する必要があります。水分を多く摂取しないと、便秘や血管障害など体調にあらゆる変化を及ぼす恐れがあります。

さらに母乳を作るための水分も減るため、母乳が出にくくなります。乳児にも母乳の状態は大きな影響を及ぼします。

乳児の水分だけでなく、きちんと授乳中にも水分を飲むようにしましょう。乳児やママの水分補給を行うためには、ウォーターサーバーを利用するのも一つの手です。

ウォーターサーバーは、なんの手間もかからずに安全なお水を飲むことができます。乳児やママの身体のために、安全に飲めるお水を選ぶようにしてください。

身体に必要な水分量をしっかり補給することで、良好な発育や健康に繋がっていきます。

(まとめ)乳児の水分補給は、いつから行うの?

1.乳児の水分補給は、いつから開始するのかはっきり決まっていません

生後6ヶ月までは、基本的に水分補給は必要ありません。果汁を早めに始めると、食物アレルギーになる可能性があります。

唇が乾いている、おしっこの色が濃いなどの症状が現れた場合は、水分が不足している恐れがあります。少量を補うようにしてください。

2.生後6ヶ月までは、ムリに水分補給を行う必要はありません

果汁は生後3・4ヶ月未満には、与えないようにしてください。生後6ヶ月までは、メインの栄養は母乳やミルクです。

水分を与えることで、母乳が減らないように注意しましょう。小さじ1杯程度から徐々に量を増やすようにしてください。

3.水分が不足している場合、少量ずつ水分補給を行いましょう

状況によっては水分が不足する場合もあります。その際には、きちんと水分補給をするようにしましょう。

水分摂取量が多いと、ミルクを飲まなくなるため注意しましょう。水分不足が継続すると、器官に影響を及ぼす可能性もあります。

4.授乳中の水分不足に注意しましょう

授乳中は母乳の影響で、水分不足に陥りやすいため注意しましょう。便秘や血管障害、母乳が出ない等の症状をきたす恐れがあります。

手間をかけずに水分を摂るには、ウォーターサーバーが最適です。乳児や母親にとって安全に飲めるお水を選ぶようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。