お水が健康によい影響を与えることは本当です


お水を飲むことで血流が改善する、腸の働きが良くなるなどの効果が期待できます。しかしお水は薬ではありません。

そのため飲んだからといって、すぐに効果が現れるわけではありません。継続して日々飲むようしましょう。

またお水を過剰に飲み過ぎることで、含まれる成分によっては、身体に悪影響を及ぼす恐れもあります。適切な量を守り、自分の体質に合ったお水を飲むようにしてください。

お水を飲むことで、多くのメリットがあります

お水を飲むことによって、身体によい影響を与えると言われています。

・血流を改善する
・新陳代謝がアップ
・腸の動きを改善する
・ダイエット効果
・むくみの改善

代謝が良くなることで、肌のターンオーバーの正常化などにも繋がり、肌つやが良くなる効果も期待できます。

さらに便通が改善することで、老廃物を排出しやすくなるといったメリットも期待できます。しかしお水を飲んだからと言って、すぐに効果が現れるわけではありません。

日々の生活の中で、継続して飲み続けることによって、お水の効果が得られると考えられています。お水は薬ではありません。

あくまで健康をサポートするためのアイテムです。お水を飲んでいるからといって偏食や食べ過ぎ、喫煙などを続けていると身体の状態は良くなるとは言えません。

健康になるためには、自分の生活習慣を見直しすようにしましょう。食生活だけでなく、適度な運動やストレスの解消なども大切になります。

しっかり意識して生活を送るようにしてください。

健康のためには、飲み過ぎには注意しましょう


お水を飲むことはメリットが多くありますが、飲み過ぎると健康にマイナスの影響を与える恐れがあります。場合によっては、お水による中毒症状を引き起こします。

お水の中毒症状とは、お水を過剰に飲み過ぎることで腎臓の負担がかかりすぎてしまいます。その結果として電化質のバランスが乱れるとされています。

疲労感や頭痛、浮腫などの症状が起こり、悪化すると錯乱や肺水腫、うっ血性心不全などに陥る場合があります。そのため適正量を守るようにしましょう。

お水の適正量は、一日あたり1リットルから2リットル程度と言われています。体型や運動量などによっても、身体が必要とする水分量は異なってきます。

一度に多量に飲むことで、体調を崩すことがあります。お水は、数回に分けて、少量ずつ飲むようにしてください。

「喉が渇いた」と感じるときには、すでに身体は脱水状態になっていると言われています。そのため喉の渇きを感じる前に飲むように心がけましょう。

とくに目覚めの1口は大切と考えられています。目覚めてからうがいを行った後で、お水を飲むようにしましょう。

身体にスイッチを入れることができ、1日の代謝がアップしやすくなると言われています。

ウォーターサーバーなら身体に優しいお水を飲むことができます

健康のためには、お水の温度も大切になってきます。どのタイミングで飲むかによって、理想とされる温度が異なります。

運動直後

運動によって汗をかいた後は、水分を補給することは大切です。その場合には15度前後のやや冷たいお水を飲むようにしましょう。

冷たいお水は、身体に吸収する速度が早いと言われています。しかし腸などにかかる負担も大きいため、飲み過ぎには注意しましょう。

日常での水分補給

日々の水分補給には、常温のお水がよいとされています。常温のお水は、腸などに負担をかけにくいと考えられています。

しかし吸収される速度はゆっくりなので、脱水を感じている場合などはやや冷たい温度のお水を飲むようにしましょう。お水は、ミネラルウォーター・炭酸水・RO水・海洋深層水などさまざまな種類があります。

それぞれの種類によって飲みやすさや期待される効果、胃腸への負担などが変わってきます。自分の味覚に合うお水を選び、自分の身体の悩みに合わせてお水を飲むようにしましょう。

(まとめ)お水は健康によい影響を与えるって本当?

1.お水が健康によい影響を与えることは本当です

お水を飲むことで血流が改善するなどの効果が期待できます。しかし飲み過ぎる、成分などによって、体調を壊す可能性もあります。

適切な量を守り、自分の体質に合ったお水を飲むように心がけましょう。

2.お水を飲むことで、多くのメリットがあります

お水を飲むことで血流の改善や新陳代謝アップなど、身体によい影響を与えると言われています。お水は薬ではないため、すぐに効果がでるわけではありません。

日々の中で、継続してお水を飲むようにしましょう。健康のためには、生活の見直しも行ってください。

3.健康のためには、飲み過ぎには注意しましょう

飲み過ぎることでお水による中毒症状を引き起こします。疲労感や、頭痛・錯乱・肺水腫などの症状に陥る恐れがあります。

1日1~2リットル程度のお水を飲むようにしましょう。1度に多量に飲まずに、少量ずつ飲むようにしてください。

4.ウォーターサーバーなら身体に優しいお水を飲むことができます

飲むタイミングによって理想とされるお水の温度が異なります。日常の水分補給は常温、運動後には冷たいお水を飲みましょう。

またお水の種類によっても味や効果、胃腸への負担が変わってきます。自分の悩みに合わせてお水を選ぶようにしましょう。