筋肉痛を予防するためには水分補給は大切です


筋肉の中にもたくさんの水分が含まれています。筋肉に含まれる水分は、栄養を送り届ける、老廃物を流すなどの役割をしていると言われています。

疲労物質を流すためにも、筋肉の水分が必要とされます。筋トレ前に水分を十分に補給することで、筋肉痛を緩和する効果が期待できます。

運動量や発汗量などに合わせて、水分を飲むようにしましょう。

筋肉痛を予防するためには、疲労物質を排出しましょう

人間の身体の中には多くの水分があります。筋肉の中にもたくさんの水分が含まれています。

筋肉の中に含まれる水分は筋肉を作る、必要な栄養を届ける、不要な老廃物を外に出すなどの役割があります。筋肉をつけるためにも水分を補給することは大切と言われています。

また筋トレ後の筋肉痛を予防するためにも、十分な水分を補う必要があります。筋肉痛は、疲労物質の蓄積が原因になると考えられています。

また筋トレによって筋繊維が傷ついたことによっても、痛みが発生するとされています。水分を十分に補うことによって、疲労物質を外に排出する効果が期待できます。

さらに必要な栄養を届けることができるため、筋繊維の修復がされやすくなると言われています。筋肉痛を予防するだけでなく、筋トレの効果を上げるためにも、正しい水分の補給方法を行いましょう。

また運動中は汗の量も増えます。そのため体内は脱水傾向になると考えられています。

運動中に脱水傾向が高まると、筋肉が痙攣し、つると言った症状が起こります。これらの症状を出さないためにも、きちんと摂るようにしてください。

運動強度や発汗の量によって、水分を摂るようにしましょう


筋トレは強度や環境によって、失われる水分量は変わってきます。そのため状態に応じて、水分を摂ることが大切となります。

運動前に軽めに水分を摂取し、可能であれば運動中も摂るようにしましょう。10分ごとに補うことで、十分に水分を補うことができると考えられています。

また運動後には、十分な水分を補いましょう。

水分の温度

運動中の水分は、やや温度が低めのものにしましょう。

温度が低めなものの方が、早く吸収されると言われています。しかしあまりにも温度が低めのものは、身体を冷やし過ぎてしまうため注意してください。

水分の種類

筋肉を作るためには、たんぱく質も必要です。そのためお水にプロテインを溶かして飲むこともよいと言われています。

プロテインはドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。またスポーツドリンクを飲むようにしても構いません。

ただしカロリーは高めのタイプが多いため、飲み過ぎないようにしましょう。カロリーが気になる場合には、粉末のスポーツドリンクをお水で少量溶いて飲むようにしてください。

運動中に失われる糖分や塩分などの成分を効率的に補給することができます。

運動中は水分が足りていない状態になりやすいと自覚しましょう

同じ筋トレや運動でも日によって、失われる水分量は違います。それは気温や湿度などが変化するからです。

そのため喉の渇きを感じる前に水分補給を行うようにしましょう。喉の渇きは、すでに脱水状態とも言われています。

脱水状態であれば、急にクルクルと目がまわる、脱力感などの症状に陥ることも考えられます。運動中だけ水分を増やすときついと感じる場合があります。

できれば普段から水分を積極的に補給するようにしましょう。ただし普段は温度が高めなお水にしてください。

簡単に水分補給を行うためには、ウォーターサーバーが便利です。ウォーターサーバーであれば、時間を気にすることなく水分を補うことができます。

さらに温度の低めなお水も手軽に飲めるため、スポーツ中の水分補給に対しても便利なアイテムといえます。ウォーターサーバーは、豊富なお水の種類があります。

飲みやすいお水で、水分の補給を行うようにしましょう。

(まとめ)筋肉痛には水分補給が効果的って本当?

1.筋肉痛を予防するために水分補給は大切です

筋肉に含まれる水分は栄養を送り届ける、老廃物を流すなどの役割があります。筋トレの筋肉痛を予防するためにも、疲労物質を流すことが大切になります。

運動量や発汗量に合わせて、水分を飲むようにしましょう。

2.筋肉痛を予防するためには、疲労物質を排出しましょう

筋肉の中にも水分が含まれます。筋肉痛は疲労物質の蓄積や筋繊維の損傷などが原因で起こると言われています。

疲労物質を排出させ、栄養を送り届けることで筋肉痛を緩和することが期待できます。運動中の筋肉の痙攣を予防するためにも水分を補いましょう。

3.運動強度や発汗の量によって、水分を摂るようにしましょう

運動量や発汗の量に応じて、水分を摂ることが大切です。運動中にも水分を補うようにしましょう。

運動中は、やや低めの水分を摂るようにしてください。プロテインやスポーツドリンクを摂取するようにしましょう。

4.運動中は水分が足りていない状態になりやすいと自覚しましょう

気温や湿度などによっても、失われる水分量は違います。喉の渇きを感じる前に、水分を補うようにしましょう。

ウォーターサーバーは、手軽にお水を補給することができます。温度調整も簡単に行えます。飲みやすいお水で水分を補給するようにしてください。