ダイエット中、一日に必要な水分は2L前後です


生命を維持させるために水分は必要不可欠です。そのため身体の中の水分が足りなければ、悪影響をきたす可能性があるでしょう。

一般的には一日に2L前後の水分が必要と言われています。蒸発した水分よりも摂取した水分量が少なければ、脱水症状をきたすリスクが高まります。

ただし必要以上に摂取する水分量が多すぎても良くありません。ウォーターサーバーなら、一日の中でこまめに水分摂取をすることが可能です。

ウォーターサーバーを上手に活用し、一日に必要な水分量を摂取するようにしましょう。

尿や便、汗、息などで体内の水分は蒸発します

生命を維持させるためにも水分は必要不可欠です。水分で満たされることで、臓器は正常に機能することができるでしょう。

つまり血流が良くなることで、栄養や酸素などを各器官に届けることができます。その結果、各器官は、活発に働ける状況になると言えるでしょう。

一日に蒸発する水分量
  • 尿:1.2L
  • 便:0.1L
  • 汗:0.6L
  • 息:0.4L

尿や便以外にも汗や息などで体内の水分は蒸発していきます。それらの合計およそ2.3Lの水分が身体から奪われてしまうでしょう。

ただし汗の量は人によてバラバラです。汗が多ければ、2.3L以上の水分が蒸発する可能性もあります。

そのためスポーツした際や屋外での活動のときには、水分を多く失っていると認識してください。

一日に必要な水分量

一度蒸発した水分を補うためには、水分を摂取する必要があります。スープや野菜類などすべての食材に水分は含まれています。

基本的には、食材からおよそ0.6Lの水分が摂取可能です。さらに食材を消化器官で吸収・分解する際に化学反応が起こります。

その化学反応が起こるときも水分をつくることが可能です。その水分を代謝水と呼びます。

一日におよそ0.2L作られるでしょう。それらの水分で足りていない分をお水など飲料水から補います。

つまり1.5L以上の水分を摂取する必要があります。汗などを少しでもかいた場合には、2L摂取した方が良いでしょう。

その日の活動などに応じて水分摂取量は調整してください。

自分の生活に合った水分量を摂取しましょう


人間の身体は、本来水分のバランスをとる働きがあります。摂取する水分量が少ないと感じれば、尿の濃度を濃くします。

そして尿として排出される水分量を減らすように調節するでしょう。反対に摂取する水分量が多いと感じれば、尿の回数を増やし、体外に水分を排出します。

しかし調整出来る水分量は、少量です。そのため調節できる範囲外であれば、何らかの悪影響をきたす恐れがあるでしょう。

水分が少ない場合

大量に汗をかいた時など普段以上に汗として水分が蒸発してしまう恐れがあります。そうなれば必要な水分が不足するリスクが高まるでしょう。

  • 2%減少:喉の渇き
  • 3%減少:激しい喉の渇き、食欲不振
  • 4%減少:皮膚が紅潮する、イライラする、体温が上昇する、強い倦怠感、尿が濃縮(尿の回数が減る)
  • 5%減少:頭痛
  • 8~10%減少:痙攣
  • 20%以上減少:尿が出ない、死の危険性

上記のように減少する水分の割合で現れる症状が異なります。つまり喉の渇きを感じた時には、脱水が始まっている証拠です。

そのため喉の渇きを感じる前に、水分を摂取するようにしましょう。症状を悪化させないためにも、しっかり水分をこまめに摂取してください。

水分をとりすぎた場合

水分が少ないと脱水などの症状をきたします。反対に水分の摂取量が多すぎても問題です。

たとえば水分推奨量の2倍以上の4~5Lの水分を摂取すれば命の危険性が高まるでしょう。それは体内の水分があまりにも多すぎると、血液の濃度が薄まり電解質のバランスが壊れるからです。

  • 食欲の低下
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 体重増加
  • むくみ
  • 全身痙攣
  • 傾眠・昏睡

上記のような症状を引き起こす恐れがあります。さらに重症化すれば生命の危険もあるでしょう。

そのため医療機関での早期治療が必要です。過剰な摂取の場合、精神の疾患も影響していると言われています。

少しでも水分に対し依存性があると感じたら注意しましょう。また症状を起こさないためにも、自分自身に必要な水分量を摂取してください。

一日の中で、こまめに水分を摂取しましょう

摂取の方法も身体にとって重要です。誤った方法で水分を摂取すれば、うまく水分を吸収できないでしょう。

一日の間でこまめに摂取する

多くの水分を一気に摂取した場合、水分を吸収・排出することが上手くできません。その結果、身体に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

臓器などを守るためにも水分をこまめに摂取することが大切です。そうすることで水分を体内に上手く吸収することができるでしょう。

お湯を摂取する

冷水は、ダイエットに適していません。それは冷水を摂取することで、体温を下げてしまう恐れがあるからです。

体温が下がってしまうと、脂肪が燃焼しにくい身体になると言われています。そのためダイエットのためには、お湯を摂取した方が良いでしょう。

体質にあった水分を選ぶ

水分の中には、体質に合わない場合もあります。体質に合わなければ下痢や腹部の違和感などの症状をきたしてしまうでしょう。

そのため水分は、体質に合ったものを選ぶことが重要です。体質に合った水分なら、体調を崩す心配も少ないでしょう。

そのため水分は、体調を確認しながら徐々に摂取量を増やすようにしてください。

ダイエットのためには、ウォーターサーバーは非常に便利です


水分を摂取するためには、ウォーターサーバーが非常に便利です。

水分を簡単に摂取できる

ウォーターサーバーはレバーを捻るだけで、水分を出すことができます。そのため必要な量だけ水分を出すことが可能です。

お湯が摂取できる

ウォーターサーバーはお湯と冷水が簡単に出せます。そのためダイエットに最適なお湯を気軽に摂取できるでしょう。

体質にあった水分を選ぶことができる

ウォーターサーバーの種類は豊富です。メーカーによって水質や味や臭い、特徴などが違います。

そのため自分にあった水分を選ぶことができるでしょう。ウォーターサーバーを上手に利用し、水分をしっかり摂取してください。”

(まとめ)ダイエット中、一日水分はどの程度必要?

1.ダイエット中、一日に必要な水分は2L前後です

生命を維持させるために水分は必要不可欠です。蒸発した水分よりも摂取した水分が少なければ脱水症状をきたすでしょう。

水分の摂取しすぎも良くありません。ウォーターサーバーなどを利用し、上手に水分摂取を行いましょう。

2.尿や便、汗、息などで体内の水分は蒸発します

水分で満たすことによって、臓器は正常に機能することができます。一日に体内の水分は、2.3L奪われてしまいます。

水分は食材や化学反応からも補給することが可能です。1.5L不足するため、飲料水から摂取してください。

3.自分の生活に合った水分量を摂取しましょう

人間の身体には本来、水分量を調節する機能が備わっています。摂取する水分が少なければ、脱水になる恐れがあるでしょう。

摂取する水分が多すぎても傾眠などの状態を引き起こします。適切な量の水分を摂取しましょう。

4.一日の中で、こまめに水分を摂取しましょう

身体のためにも、水分はこまめに摂取しましょう。こまめに摂取することで、余計な負担をかけることが少ないでしょう。

ダイエットのためにはお湯を摂取してください。また体質に合った水分を選ぶことも大切です。

5.ダイエットのためには、ウォーターサーバーは非常に便利です

ウォーターサーバーがあれば、必要な量のお水を簡単に出すことができます。またダイエットに最適なお湯もすぐに飲めます。

お水の種類も豊富なため、自分の体質に合った最適なお水を選択できるでしょう。