ダイエットで有酸素運動を行っている最中も水分を摂取することが大切です

ダイエットで有酸素運動を行っている最中も水分を摂取することが大切です
有酸素運動とは軽い強度で長時間継続する運動のことです。運動は酸素を取り込みながら行います。

有酸素運動を行うことによって、脂肪が燃えやすくなる効果が期待できます。有酸素運動を行う前や終了後には水分を摂取しましょう。

また可能であれば、有酸素運動中も水分を摂取してください。有酸素運動のレベルにもよりますが、お水ではなくスポーツ飲料を摂取し他方が良いでしょう。

また水分をやや冷ますことによって、吸収するスピードを速める効果が期待できます。運動中は、やや冷たいと感じる水分を摂取しましょう。

運動には有酸素運動と無酸素運動があります

ダイエットのために運動を取り入れる人も多いでしょう。運動と一言で言っても有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動

酸素と脂肪を一緒に消費する運動のことです。比較的強度は弱く、持続性の高い運動になります。

有酸素運動を行うことで、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できます。また骨粗しょう症の予防や心臓・肺の機能を高める効果もあるようです。

有酸素運動にはウォーキングやスロージョギング、エアロビなどの運動があります。これらの運動を連続して、20分以上続ける必要はありません。

トータルして、20分以上行うと有酸素運動の効果が得られるでしょう。つまり10分程度の運動を1日に2回か3回行えば、大丈夫という訳です。

ただ闇雲に歩けば良いということでもありません。有酸素運動の効果を最大限得るためには、脈拍を110~129の範囲からオーバーしないようにしましょう。

脈拍が早くなりすぎれば、十分な効果は得られなくなってしまいます。

無酸素運動

酸素を使わずに、糖をエネルギーとして利用する運動のことです。有酸素運動と比較すると、強度の高い運動になります。

無酸素運動は、筋肉を増やすことによって基礎代謝を上げる効果が期待できるでしょう。筋力トレーニングや短距離走、ウエイトリフティングなどが無酸素運動です。

運動強度が高いため、短時間で行う運動とも言えます。

有酸素運動と無酸素運動ともに、ダイエットに繋がる効果があるでしょう。そのため併用して行うのが最善です。

まずは無酸素運動を実施し、その後有酸素運動に取り組みましょう。そうすることによって脂肪の燃焼効果をより高めることができるようです。

有酸素運動中も水分補給を行いましょう

有酸素運動中も水分補給を行いましょう
有酸素運動を行う際には水分補給が重要と言われています。それは有酸素運動中、水分が足りなければケガやパフォーマンスの低下に繋がるからです。

水分と有酸素運動の関係性

水分が1%でも減ると、運動パフォーマンスは落ちてしまうと言われています。3~4%減ると、パフォーマンスが低下していることを自覚するでしょう。

水分がなくなることで、足がつるなどの症状を引き起こし、ケガに繋がることも多々あります。そのため有酸素運動を行う際は、必ず水分を補給してください。

水分補給の方法

水分補給は競技前から意識しましょう。250~500ミリリットル補給すると良いとされています。

また運動後にも同量程度補給したほうが良いでしょう。競技中の水分補給も大切です。

ひと昔前は、練習中など水分を制限していた時期もありました。しかし今となっては非常識です。

しっかり競技中も水分は補給してください。1時間の間で500~1000ミリリットル程度補給しましょう。

できれば、まとめて補給するのではなく、15分毎に1回程度補給することが理想的です。そのため競技中も近くに水分を置くようにしてください。

特に気温が高いときなどは、熱中症対策のためにも15分毎に休憩をとるようにしましょう。

レベルが強ければ、スポーツドリンクでも構いません

有酸素運動しているときには、どのような水分を補給するかが肝心です。水分によっては有酸素運動中には適さないものもあります。

お水

ほとんど発汗もしないような軽いレベルの運動であれば、お水でも問題はないでしょう。ただレベルが高くなれば、お水だけを補給するのは危険です。

汗の中には、ナトリウムが入っています。お水だけでは、ナトリウムを補給することはできません。

そのためナトリウム不足に陥ってしまうでしょう。気温が高い日の運動であれば、お水だけでなくナトリウムを一緒に補給してください。

スポーツドリンク

運動のために作られた水分です。そのためナトリウムや糖、水分がバランスよく調合されているでしょう。

そのためレベルの高い運動を行う場合には、スポーツドリンクが最適です。しかし糖が入っているため、量には注意してください。

補給量が多すぎれば、ダイエットにはなりません。ただスポーツドリンクを薄めてしまえば、せっかく調合されたバランスを崩すことになります。

そのため運動のレベルに応じて、補給量を考えましょう。

麦茶

実は麦茶も最適な水分です。ミネラルなどが多く溶け込んでいるため、軽度のレベルの運動であれば麦茶を補給しましょう。

つまり運動のレベルや気温、湿度などを考えながら、水分を選択してください。

冷たい温度の方が、早く取り込まれます

冷たい温度の方が、早く取り込まれます
有酸素運動のときは水温も重要です。

有酸素運動に適した水温

人肌程度の水温でも問題はありません。ただ、すぐに水分を吸収させたい場合には10度程度の水温が最適だとされています。

その水温が最も、早く胃腸に取り込むことが可能です。そのためパフォーマンス低下がみられる方であれば、いち早く回復させることができるでしょう。

ただし5度以下の水温は、お腹を緩める、お腹が痛くなるなどの少女を招く可能性があります。そのため冷やし過ぎには注意してください。

水分をうまく利用し、有酸素運動を行いましょう

有酸素運動はダイエットを行うためには、取り入れたい運動です。水分をうまく補給することで、安全に有酸素運動を継続することができるでしょう。

そのため水分の適切な補給方法を知ってください。適切な補給であれば、運動パフォーマンスを落とすリスクを下げることができるでしょう。

(まとめ)ダイエットで有酸素運動を行う時の水分摂取方法とは?

1.ダイエットで有酸素運動を行っている最中も水分を摂取することが大切です

有酸素運動は軽い強度の運動を、酸素を取り込みながら行うことです。有酸素運動を行うことによって脂肪を燃やす効果が期待できます。

運動の強度によってはスポーツ飲料でも構いません。水温は、やや冷たいものにしてください。

2.運動には有酸素運動と無酸素運動があります

有酸素運動は強度が弱く、持続性の高い運動のことです。悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できます。

無酸素運動は筋トレなどの運動のことです。筋力をつけ、基礎代謝アップの効果が期待できます。

二つの運動を併用しましょう。

3.有酸素運動中も水分補給を行いましょう

1%でも水分が減ってしまうと、運動パフォーマンスは下がってしまいます。ケガ予防や運動パフォーマンスを下げないためにも、水分補給しましょう。

競技前や後だけでなく、競技中に水分補給をすることが大切です。暑い日は15分毎に水分補給してください。

4.レベルが強ければ、スポーツドリンクでも構いません

汗にはナトリウムが溶け込んでいるため、水分だけを補給するとナトリウム不足に陥ります。運動レベルが高い場合には、スポーツドリンクが良いでしょう。

スポーツドリンクは糖が含まれているため、補給のし過ぎは良くありません。

5.冷たい温度の方が、早く取り込まれます

すぐに水分を吸収させたい場合には10度程度の水温が最適です。5度以下になれば、お腹が緩くなる、痛くなるなどの症状を招く恐れがあります。

運動パフォーマンスを落とさないためにも、適切な水分補給を行いましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。