ミネラルウォーターのバナジウム含有量は極微量です


バナジウムとは、ミネラルの一つです。血糖値を下げる、高血圧予防、ダイエット効果などさまざまな効能があると言われています。

ただしバナジウムを過剰摂取することによって、デメリットもあります。それは血糖値を必要以上に下げてしまう恐れがあるからです。

とくに糖尿病治療を受けている人は、注意が必要です。しかしミネラルウォーターに含まれるバナジウム含有量は極微量です。

そのため必要以上に飲み過ぎなければ、バナジウムの過剰摂取にはなりません。つまりバナジウムの効果がミネラルウォーターで得られるかどうかは、はっきりと判明していないと言えます。

バナジウムは、健康によい影響を与えるミネラルです

バナジウムとは、1830年に発見されたミネラルです。まだ研究が進められている段階です。

日本でこのバナジウムが採ることができるのは、ごく一部の限られた地域だけです。富士山周辺にある玄武岩層と言われる地層を通ってきたお水に多く含まれているのがわかっています。

この地域で採られたお水をペットボトルなどに詰め、バナジウム水などとして販売しています。

バナジウムの主な効能として、健康をサポートする役割があると言われています。

血糖値を下げる

インスリンと似たような作用をすると言われています。またインスリンの働きを阻害する遊離脂肪酸の分泌を抑える作用も期待されています。

高血圧予防

脂質の代謝をアップする働きがあり、血液をサラサラにする効果があるとされています。その結果として高血圧予防に繋がります。

ダイエット効果

中性脂肪が体内に溜まっていくことを防ぐ作用があると考えられています。そのためダイエットをする上で、重要なミネラルとされています。

ほかにも、くも膜下出血や心筋梗塞などに用いられる血液をサラサラにする薬の効果を高める作用もあると言われています。

バナジウムの過剰摂取は、低血糖を招く恐れがあります


バナジウムは摂りすぎることによって、血糖値を下げすぎてしまう恐れがあります。とくに糖尿病治療を行い、インスリンの自己注射などを行っている人は注意が必要です。

バナジウムはインスリンに似た作用をするため、Wの作用で血糖値を下げ、低血糖を招く恐れがあります。低血糖が酷くなると意識消失など生命の維持に影響をきたします。

ほかにも消化器官の症状を招く可能性があります。下痢やおならが増える、腹部の不快感などが引き起こされます。

しかしこれらの症状が現れるのはバナジウムを必要以上に摂取したときです。ミネラルウォーターに含まれるバナジウムは極微量のため、普通の飲み方をしていれば、これらの症状を招くことは考えられません。

ただし糖尿病や腎臓などに疾患を持っている場合には、一度専門医に相談するようにしてください。状態によっては、バナジウムの含まれるお水を控えた方がよい可能性もあります。

きちんとアドバイスをもらうことで、疾患の増悪を予防することができます。

お水で効果が得られるかは、まだはっきりしていません

ミネラルウォーターに含まれているバナジウムの割合は少なく、どこまで効果を発揮するのか、まだはっきりしていません。血糖値を下げる効果があるのは、バナジウムをある程度摂取したときです。

そのためミネラルウォーターで同等の効果が得られるとは言いにくいと言われています。つまりお水で血糖値を下げようとは思わない方がよいと考えられています。

普段の食生活や適度な運動などを行うことで、血糖値をコントロールしていきましょう。お水は、その行為をサポートするためのものです。

お水を選ぶ際は、バナジウムにこだわらずに価格など、あらゆる面を比較して選ぶようにしてください。ウォーターサーバーであれば、多くのお水から選ぶことができます。

また普段のお水を気軽に摂取することができます。

(まとめ)ミネラルウォーターのバナジウム含有量はどの程度?

1.ミネラルウォーターのバナジウム含有量は極微量です

バナジウムはミネラルの一つです。血糖値を下げる、高血圧予防などの効果が期待できます。

摂りすぎることで血糖値を下げすぎる恐れがあります。ミネラルウォーターのバナジウム含有量で効果が得られるかは判明していません。

2.バナジウムは、健康によい影響を与えるミネラルです

バナジウムはミネラルの一つで、研究が進められている段階です。日本では富士山周辺の一部の地域で採水されています。

血糖値を下げる、血液をサラサラにするなど健康をサポートする効果があると言われています。ほかにもダイエット効果も期待されたいます。

3.バナジウムの過剰摂取は、低血糖を招く恐れがあります

バナジウムは血糖値を著しく低下させる恐れがあります。とくにインスリンの自己注射などの治療を行っている人は用心しましょう。

ミネラルウォーターに含まれるバナジウムは極微量のため、基本的に副作用は起こしません。心配な人は、医師に相談しましょう。

4.お水で効果が得られるかは、まだはっきりしていません

血糖値を下げる効果があるのは、ある程度のバナジウムを摂取したときです。ミネラルウォーターで、同様の効果が得られるかは、はっきりしていません。

お水を選ぶ際は、さまざまな面を比較するようにしましょう。ウォーターサーバーは、お水を気軽に摂取できます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。