白湯とは健康に様々なメリットをもたらすお水です

白湯とは健康に様々なメリットをもたらすお水です
白湯とは、一度煮沸させたお湯を飲める程度の温度まで冷やした飲み物のことです。一度煮沸を行うことで、残留塩素がなくなり口当たりもまろやかになるでしょう。

白湯を飲むことによって胃腸の働きが高まるなど、健康にも大きなメリットをもたらしてくれると言われています。そのため積極的に飲みたい水分のひとつです。

白湯は朝一番に飲むようにしてください。また就寝2時間前に飲むことで、睡眠の質が高まるともされています。

ただし、飲みすぎには注意が必要です。適量を守りましょう。

白湯とは煮沸し、残留塩素を取り除いた飲み物のことです

白湯とは煮沸し、残留塩素を取り除いた飲み物のことです
健康ブームの流れで、白湯という言葉を耳にする機会が増えていますが、実際どのような飲み物なのか説明できる人は少ないのではないでしょうか。よく白湯とお水を混同してしまっている人もいるため、しっかり「白湯」とは何なのか把握しておきましょう。

白湯とは

白湯とは一度煮沸をし、そのお湯を飲める程度の適温まで冷ました飲み物のことです。煮沸させることによってお水の中に含まれる残留塩素などを減らす効果があります。

水道水のような塩素の強い飲みにくさは、なくなると言われています。口当たりもまろやかになります。

白湯の歴史

白湯は単なる流行りの飲み物ではありません。白湯の歴史は、最も古いもので約5,000年前の古代インドが起源とされています。

インドに伝わる伝統的な医術で「アーユルヴェーダ」と呼ばれるものがあり、自然界と人間など生き物の体は、水・火・風の3要素から成ると説いています。その3要素のバランスを良くし、維持することが健康に繋がると考えていたそうです。

その3要素を満たしたものが白湯であり、長年親しまれてきました。そのため、白湯は「世界最古の健康法」とも言われているのです。

白湯をおすすめする理由

白湯をおすすめする理由は大きく3つ挙げられます。一つ目が健康面です。

これは詳しくは後で記述します。二つ目が手軽さです。

どんな健康法でも時間がかかり、手間がかかるようなものは三日坊主で終わりやすいでしょう。継続して行うためにも手軽さは重要です。

白湯は煮沸したお水を飲むだけなので、どんなに時間がかかったとしても数十分で実行できます。もちろん沸かしている間は、自由に別のこともできるので時間を縛ることはないでしょう。

最後3つ目は、経済面です。たとえば健康のためにジムに通うとなると、かなりの出費になります。

ほかにも器具を購入したり食材を買い込んだりすると、ますます出費は多くなってしまうでしょう。しかし、白湯の場合はほとんど出費はありません。

水道代くらいなので、経済的に厳しい方でも簡単に試すことができます。そんな手軽さや経済的な優しさもあり、白湯を飲むことはオススメです。

少し健康に不安がある方や健康志向の方は、一度試してみてください。

沸騰した後も10~15分程度火にかけたままにしましょう

沸騰した後も10~15分程度火にかけたままにしましょう
白湯を取り入れようと考えた時に、最も大切なことが作り方です。正しい作り方を実行して白湯を飲むようにしましょう。

やかんで作る場合

基本的な作り方が、この方法です。少し手間と思うかもしれませんが、できるだけこの方法で白湯を作りましょう。

  1. 飲む量のお水をやかんに入れて強火にかける
  2. ブクブクと沸騰したら、やかんの蓋を取る
  3. 弱火で、そのまま10~15分ほど沸騰させる
  4. 50度前後の飲める適温まで温度を下げる
  5. 完成

上記の方法が基本のやり方です。時間がなくまとめて作りたいと思うかもしれませんが、塩素が含まれていないため長期間の保存はできません。

衛生状態を考慮しても1日以内で飲み切るようにしましょう。また保存する場合には、温度が保てるように保温瓶などに入れてください。

レンジで作る場合

仕事などの関係で時間に余裕がなく、煮沸する時間が取れない場合もあるでしょう。そんなときには、電子レンジで作ると簡単にできます。

ただ電磁波の影響を受けるという考えもあるので、決して適切な方法ではないということを覚えておいてください。

  1. レンジ対応可能なコップに飲む量のお水を入れる
  2. 500Wで2分、600Wなら1分30秒程度温める
  3. 50度前後の飲める適温になるまで待つ
  4. 完成

電子レンジの機種によって温める時間が異なるため、上手く調節しましょう。

水道水とミネラルウォーターはどっちが良いの?

白湯を作る際、どのようなお水を使用したら良いのか迷ってしまうでしょう。結論から言うと、どちらでも問題ありません。

水道水の場合には塩素が含まれており、しっかり煮沸をすることで残留塩素を除去することができます。また、塩素以外にもがんを発生させるリスクがあるトリハロメタンが含まれていることが分かっています。

このトリハロメタンは、一度煮沸するだけでは除去することができません。10〜15分程度、煮沸することで取り除くことができると言われているため、長い時間煮沸させてください。

そのため、水道水で白湯を作る際は、しっかり煮沸できるやかんを使用した方が良いでしょう。浄水器や整水器などが設置されている場合には、リスク軽減のためにその水を使用した方が望ましいです。

白湯には健康に嬉しい効果があります

白湯には健康に嬉しい効果があります
白湯は簡単に作ることができるため、今すぐ始められる健康法です。白湯の効果も知ることで、よりチャレンジしたくなるでしょう。

デトックスの効果

水分と言えば、デトックスと想像する人もいるでしょう。白湯にも同様にデトックス効果があると言われています。

ひとつは利尿作用によって、老廃物を体外に出しやすくなるでしょう。二つ目は、白湯自体は温かな飲み物のため、飲むことによって身体を温める効果が期待できます。

それによって血液やリンパの流れを促進することに繋がるでしょう。そして内臓の機能を高めることができ、消化する能力が向上するなどのメリットが得られるとされています。

冷えへの効果

冷えの原因は、指先や足先などに多い毛細血管の血流が低下することです。低下をもたらしてしまう原因は、冷たい飲み物などの摂りすぎとも言われています。

白湯を飲むことで消化器官の温度を高めることができるでしょう。その結果、新陳代謝が向上し、血流が良くなります。

特に気温が高い夏場などは冷たいものを多く摂ってしまい、更にクーラーなどで身体が冷え切ってしまいます。そのため白湯などを積極的に飲み、身体を温めるようにしましょう。

ダイエットの効果

ダイエット目的で白湯を飲みたいと考えている人も多いでしょう。白湯にはダイエットにも効果的な飲み物とされています。

それは白湯によって消化器官の温度が高まり、基礎代謝アップが図れるからです。たとえば体温が1度上がれば、基礎代謝は10%ほどアップすると言われています。

基礎代謝がアップすると、何もしなくても脂肪が燃焼できる身体に生まれ変わります。そのため、より痩せやすい体質になりダイエットが成功しやすくなるでしょう。

便秘解消の効果

便秘はストレスや食べ物などの影響によって、大腸の動きが衰えてしまうことで起こると言われています。白湯を飲むことによって、大腸の動きを改善する効果が期待できるでしょう。

更に、便に水分をプラスさせることができ、便自体をやわらかくすることができます。その結果、排便しやすい環境が整い便秘解消に繋がります。

内臓疲労の回復効果

内蔵はストレスや睡眠不足などによって、機能が低下してしまうと言われています。白湯を飲むことで、内臓に栄養をたっぷり届けることができ、内臓の働きを促進する効果が期待できるでしょう。

疲労回復などの効果にも繋がります。

白湯は起床時や就寝前に飲むようにしましょう

白湯は、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。飲みやすいタイミングで飲むようにしましょう。

白湯を飲むタイミング
白湯を飲むタイミング
起床時

寝ているときに身体は大量の水分を失っています。そのため朝の水分は必ず必要です。

朝に白湯を飲むことで、身体を温めることができ目覚めもよくなるでしょう。更に胃腸の動きが促進される、便意が起こりやすくなる、などの効果もあると言われています。

就寝2時間前

就寝2時間前に飲むことで、睡眠の質が高まるとされています。温かな白湯を2時間前に飲めば、体が温まってから、少しずつ落ち着きます。

体温が下がることで睡眠が促されやすくなるので、寝つきが良くなるでしょう。ほかにも食事前に飲むことでドカ食いを防げるなどの効果も期待できます。

白湯を飲む際の注意点

白湯が健康に良いからと言って、大量に飲むのは危険です。1日800㎖程度に留めておきましょう。

白湯以外にもお茶などの水分を上手く取り入れて、健康やダイエットを行ってください。

(まとめ)知っているようで知らない「白湯」の秘密?

1.白湯とは健康に様々なメリットをもたらすお水です

白湯は一度煮沸し、残留塩素などを取り除いた飲み物です。口当たりもまろやかになり、非常に飲みやすくなります。

健康にもメリットが大きく、起床時や就寝2時間前などに飲むのがオススメです。適量を守って飲むようにしましょう。

2.白湯とは煮沸し、残留塩素を取り除いた飲み物のことです

白湯とは一度煮沸し、適温まで冷ました飲み物のことです。白湯の歴史は古く、インドの「アーユルヴェーダ」が起源とされています。

白湯は健康的な効果も期待できますが、手軽さや経済的負担の少なからオススメできる健康法です。

3.沸騰した後も10~15分程度火にかけたままにしましょう

白湯を作る際はできれば、やかんで作りましょう。煮沸した後も10~15分程度はそのまま火にかけてください。

電子レンジで簡単に作ることもできますが、あまりいい方法ではありません。水道水、ミネラルウォーターのどちらを使用しても問題はないでしょう。

4.白湯には健康に嬉しい効果があります

白湯には健康に導くための効果が沢山あると言われています。デトックス効果やダイエット効果、冷え性改善などです。

また便秘の解消にも効果的なので、体調不良に悩んでいる方は、積極的に白湯を飲むようにしましょう。

5.白湯は起床時や就寝前に飲むようにしましょう

白湯は、基本的にいつ飲んでも問題ありません。起床時に飲むことで目覚めも良くなるでしょう。

就寝2時間前に飲むことで、睡眠の質が高まると言われています。白湯は1日800㎖程度にしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。