ボトルをつけてウォーターサーバーを使って入れば、空焚きは起きないようになっています


ウォーターサーバーは、正しい使い方をしていれば基本的に空焚きが起こる心配はないと言われています。それはボトルにお水が入っているからです。

キチンとボトルのお水がなくなったら交換するなどの作業を行っていれば、サーバーの中のお水が不足することはありません。万が一のときを考え、空焚き防止機能が搭載されているものもあるため安全です。

ただ長期間留守にする際には、火災を起こさないよう空焚きに注意しなければいけません。しっかり手順を確認しながら、ディスペンサーの電源を切るようにしてください。

ウォーターサーバーを正しく使っていれば空焚きは基本的に生じません

ウォーターサーバーを間違った使い方をすれば、空焚きが起きる可能性があります。そのため空焚きが起きないように正しい使い方をしなければいけません。

空焚きのリスクとは

そもそも空焚きについて知っていますか?空焚きとは、お水がなくなったままで、さらに火をかけている状態です。

その結果として故障や火災に繋がる恐れがでてくるため注意が必要でしょう。ウォーターサーバーだけでなく、電気ポットやフライパンなどでも起こる恐れがあると言われています。

空焚きによる火災も多く発生しているため注意が必要です。火災を予防するためにも、空焚きはしないようにしてください。

ウォーターサーバーでも空焚きはあるの?

ウォーターサーバーは、正しい使い方をしていれば空焚きは基本的に生じにくいと言われています。それは、ウォーターサーバー内には常にお水が蓄えられているからです。

つまりお水がある状態であれば、空焚きを起こす心配はないと言えます。しかしボトルが空になった状態で、そのまま放置し続けていれば、空焚きを起こすリスクは高くなるでしょう。

空焚きを起こさないためにも、ボトルが空になったときは早めに交換するように心がけてください。

万が一、空焚きをしてしまったら・・・

万が一、ウォーターサーバーで空焚きを起こしてしまうと、ウォーターサーバーの内部が故障する恐れがでてきます。その結果として部品の交換を行う必要があるでしょう。

破損状態が酷く、悪質性が高ければ、ウォーターサーバーを買い取るケースもあるかもしれません。またウォーターサーバーだけの破損では終わらず、火災を招く結果になることも考えられます。

つまり空焚きは、家を守るためにも起こさないように気をつけましょう。ウォーターサーバーに限らず、他の電化製品も日頃から注意をしてください。

ウォーターサーバーの構造を確かめておきましょう


そもそもウォーターサーバーの構造について理解していますか?構造を理解していれば、空焚きが起こりにくいとわかるはずです。

ウォーターサーバーの基本構造

ウォーターサーバーの中には、2つのケースがあります。1つがお湯を溜めるためのもの、もう一つがお水を冷やすためのものです。

ボトルからお水循環させ、この2つのケースにお水が溜まります。それから電力を用い、お水を設定の温度に調整する仕組みです。

お水を使用し、ケース内のお水が減れば、またボトルのお水を循環させケースに溜めます。これが繰り返され、ボトルのお水が減っていくような構造です。

つまりボトルが空になったからと言って、すぐにウォーターサーバーの内部のお水がゼロになっている訳ではありません。そのため空焚きは、比較的起こりにくいと言われています。

お水を温める仕組み

次にお水を温める仕組みについて紹介します。お水を温める仕組みは、非常に単純です。

電気ポットなどにも採用されている仕組みが使われています。お湯用のケースに金属の棒のようなものを差し込みます。

そして電力を流し、その金属を温めることで、お水が温められる仕組みです。もちろんケース内にお水がなければ空焚きが起こってしまいます。

ボトルを常に交換し、お水をケース内に溜めるように心がけてください。

お水を冷やす仕組み

お水を冷やす仕組みは、主に2つのやり方があります。電子式とコンプレッサー式です。

電子式は消費電力が少ないメリットがあります。そのため省エネ性は高いと言えるでしょう。

ただ大容量のケースになるとうまく冷やすことができないという点がデメリットです。小型のウォーターサーバーであれば問題はありません。

大型のウォーターサーバーには、基本的に電子式は不向きと考えられ採用されていません。

コンプレッサー式は、大型のウォーターサーバーでも短時間で冷やすことができます。そのため多くのウォーターサーバーで採用されているのが、コンプレッサー式です。

コンプレッサー式は冷媒を装着し、お水を循環させることで冷やすような仕組みになっています。デメリットとしては、電子式に比べ消費電力が大きくなる点です。

しかし企業の工夫や努力によって、コンプレッサー式でも電力の消費を抑制できるようになってきています。

これらの仕組みによって、ウォーターサーバーは常にお湯とお水を出すことが可能です。

購入時に空焚き防止機能の有無などをチェックするのも大切です

どんなに注意していても、空焚きが起こらないとは言い切れません。空焚きが起こらないようなさまざまな仕組みがウォーターサーバーに内蔵されています。

空焚き防止機能とは?

空焚き防止機能とは、多くのウォーターサーバーに搭載されている機能です。空焚きを防ぐように、お湯のケースを空にならないように調整する仕組みとなっています。

ボトルのお水がなくなり、お湯用のケースにお水が供給されない状態を感知すれば、蛇口からの排水を止めてしまいます。そうすることで、お湯用のケースが、すぐに空になるのを防ぐ効果が期待できるでしょう。

空焚き防止機能の注意点

空焚き防止機能があるからと言って、絶対に空焚きをしないわけではありません。時間が経ってしまうと、お湯用のケースも徐々に蒸発してしまう恐れがあります。

そのためお湯用のケースが空になり、空焚きを起こしてしまいます。つまりボトルが空になれば、早めに交換する用にしましょう。

たとえ空焚き防止機能があるからと言って、長時間放置することは避けてください。

空焚き防止機能は、すべてのウォーターサーバーに搭載しているの?

空焚き防止機能は、ほとんどのウォーターサーバーに搭載されています。しかしごく一部の機種には搭載されていません。

そのため購入時には、空焚き防止機能の有無をチェックするようにしてください。空焚き防止機能がない機種であれば、より空焚きに注意するようにしましょう。

長期間使用しない場合は、正しい手順でディスペンサーの電源を切りましょう


ウォーターサーバーは、基本的に電源はそのまま入れておきます。しかし長期間使用しない場合は、正しい手順で電源を切るようにしてください。

そもそも電源を切らない理由

電源を切ってしまうと、ウォーターサーバーの内部やタンク、給水管などに衛生面の影響を与える恐れがでてきます。お水が通るようなパイプやボトルの差し込み口周辺にも多くの菌が発生する恐れに繋がってしまうでしょう。

その結果として電源を入れ直しても、発生した菌を殺菌できずに、お水自体に影響を及ぼします。衛生面を考慮すると、電源は必ず入れたままにしましょう。

長期間使用しないときは?

長期間使用しないときには、空焚きを防ぐためにも電源を切るようにしましょう。しかし間違った手順で行うと、再度使いたいときに上手く動かない、菌が増えているなどの状態に陥る可能性があります。

説明書などを確認し、正しい手順で水抜きをまずは行うようにしましょう。その後に電源を切るようにしてください。

正しい手順で行えば、再度使用するときも問題なく使えるでしょう。

水抜きの手順

水抜きとは、タンク内に溜まったお水を排出することです。ウォーターサーバーの内部には、かなり多くのお水が溜まっているため必ず行いましょう。

1.ヒーターなどの電源を切り、6時間程度放置します。
2.水抜き用のキャップを外し、バケツなどにお水を排出させます。
3.水が出なくなれば、終了です。

水抜きの手順はウォーターサーバーによって異なるため、説明書通りの方法で行いましょう。ボトルに余ったお水は、すぐであれば飲料水として活用しても構いません。

時間が経過すれば菌が増える恐れが高まるため、飲料水として利用することは避けましょう。お風呂やトイレなどの生活用のお水として活用してください。

(まとめ)ウォーターサーバーで空焚きは起きる?

1.ボトルをつけてウォーターサーバーを使っていれば、空焚きは起きないようになっています

ウォーターサーバーは、正しい使い方をしていれば基本的に空焚きを心配する必要はないと言われています。空焚き防止機能があれば、より安全でしょう。

長期間留守にする場合には、正しい手順で電源を切るようにしてください。

2.ウォーターサーバーの正しく使っていれば空焚きは基本的に生じません

空焚きはお水がないのに、さらに温め続けている状態のことです。火災や故障なの原因になります。

ウォーターサーバーはボトルやタンクにお水が蓄えられているため、空焚きを生じにくいと言われています。ボトルが空になれば、早めに交換するようにしましょう。

3.ウォーターサーバーの構造を確かめておきましょう

ウォーターサーバーには、お湯用とお水用の2つのケースが内蔵されています。2つのケースにお水を溜め、ケースの中でそれぞれお湯とお水が作られます。

お湯は、金属の棒のようなものを温めるといった仕組みです。お水は電子式やコンプレッサー式があります。

4.購入時に空焚き防止機能の有無などをチェックするのも大切です

空焚き防止機能とは、お湯のケースが空になることを防ぐ仕組みです。空焚き防止機能があっても蒸発によって、空になる恐れがあります。

ボトルが空になれば、早めに交換するようにしましょう。空焚き防止機能がついていない機種もあるため確認されてください。

5.長期間使用しない場合は、正しい手順でディスペンサーの電源を切りましょう

基本的にウォーターサーバーの電源は、切らないようにしましょう。電源を切ると、衛生状態に問題が起こる恐れがあります。

長期間使用しない場合には、空焚きを予防するために電源を切りましょう。まずは水抜きを正しい手順で行うようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。