ウォーターサーバーは解約金が発生する契約期間が存在します


ウォーターサーバーは、違約金や解約金などが機種によって変わってきます。たとえば2年以上使用しないと違約金などが発生するケースもあるため注意してください。

ウォーターサーバーの本体は、無料で提供している会社も多いです。解約時にはウォーターサーバーを返却する必要があります。

その際には、返送手数料などがかかるでしょう。またボトルの本数によって、手数料がかかるケースもあります。

公式サイトを丁寧に確認し、どのような費用がかかるのかチェックしてください。

ウォーターサーバーは1年以上使う前提で契約をしましょう

ウォーターサーバーによって、契約期間や解約の条件が変わってきます。そのためウォーターサーバーにどんな条件があるのかなど詳細に確認するようにしましょう。

ウォーターサーバーの契約期間

最低契約期間を定めているウォーターサーバーの会社も多くあります。最低契約条件とは、ウォーターサーバーを契約しなければならない期間のことです。

最低契約期間は1年から2年程度で定められている会社が多くあります。最初から最低契約期間がない会社もあるためチェックしてください。

この期間内に解約すれば、違約金などが発生します。そのためウォーターサーバーは最低契約期間以上使う前提で契約することが大切です。

ウォーターサーバーの違約金

違約金の金額は、ウォーターサーバーによってばらつきがあります。全くかからないものや数千円程度のところ、数万円程度かかるなどいろいろです。

ウォーターサーバーを休止した場合も手数料がかかります

注意してもらいたい点が休止するときです。最低契約期間内であれば、休止したとしても手数料がかかってしまう場合があります。

そのため休止するときの条件も必ずチェックしてください。

違約金を払わないようにチェックしてください

契約期間までしっかり契約していれば、違約金は発生しません。そのため契約する前に、ウォーターサーバーについていろいろ調べるようにしてください。

ウォーターサーバーによっては、デパートなどで試飲をしているところもあります。そういう機会を利用すれば、お水の味などもチェックすることが可能です。

また一定期間であれば、無料お試しサービスがあるウォーターサーバーもあります。数週間でもお試しできれば、自分にとって必要なアイテムかどうかチェックすることができるでしょう。

契約した後に失敗したと思わないようにしてください。

ウォーターサーバーは無料である場合も多いです


ウォーターサーバーの本体を無料で提供している会社も多くあります。しかし無料だからと言って、違約金などがかからない訳ではありません。

ウォーターサーバーの返却について

ウォーターサーバーを返却する場合には、配送手数料がかかる恐れがあります。配送手数料もそれぞれのウォーターサーバーによって違うため必ずチェックしましょう。

契約期間前であれば、違約金も支払う必要があるため高額になるケースも考えられます。

返却する方法

ウォーターサーバーを返却する際には、短期間の使用であってもお水を排出する必要があります。お水を排出しないと、配送中などにお水が漏れてしまい故障の原因に繋がってしまうでしょう。

さらに配送会社に迷惑をかけてしまう恐れもあるので、必ず行ってください。

お水を排出する方法は、ウォーターサーバーによって違います。しかし手順自体は、難しいものではありません。

まずは電源を切りましょう。温水の温度をしっかり下げるように数時間以上そのまま放置してください。

温度がしっかり下がったあとで、コックからお水を排出しましょう。冷水・温水のコックから、お水がでなくなるまで行ってください。

次に背面などにあるネジなどを外すと本体のお水を排出できるような仕組みになっています。この作業を行うときには、必ず排出したお水を入れられるような鍋などを準備してください。

想像以上にお水が排出されるので、大きめのサイズを用意しましょう。完全にお水がでなくなれば、作業が完了となります。

手順がわからなければ、ウォーターサーバーの会社に確認をとるようにしてください。手順を間違うと上手くお水が排出できないため注意しましょう。

月に利用するボトルの本数によって手数料が引かれる場合もあります

ウォーターサーバーによっては、ボトルの最低注文本数が定められている場合もあります。とくに一人で使用する場合には、最低注文本数に注意しましょう。

そもそもボトルの注文本数とは?

一部のウォーターサーバーは、1ヶ月や1度に注文する最低限の本数が決まっています。この本数を守られないときには、手数料がかかる場合があります。

また手数料がなくても、配達の最低本数が決まっている場合もあるでしょう。そうなれば別途配達料金がかかってしまうことがあるため注意してください。

最低注文本数が決まっている利点

最低注文本数がない方が、もちろんよいと思うでしょう。ただ最低注文本数があることによって、定期的に購入できるメリットがあります。

そのためわざわざ注文する手間を省くことが可能です。ただし最低注文本数があることによって、家の中に必要以上のボトルをため込んでしまうリスクがあります。

そうなれば賞味期限が過ぎてしまうなどの可能性があるため注意してください。反対に最低注文本数がないと、自分のペースで注文できるメリットがあります。

ただ注文を忘れてしまい、ストック用のボトルがなくなるリスクがあるため気をつけてください。

最低注文本数がない方がいい人とは?

飲むためのお水としか使わない家族や一人でウォーターサーバーを使う場合、または家を留守にすることが多い場合には最低注文本数がない方がよいでしょう。または最低注文本数が少ないウォーターサーバーを選ぶようにしてください。

最低注文本数があった方がいい人とは?

お水を多くのシーンで使用する場合や大家族で使用する場合においては、最低注文本数があっても構わないでしょう。ただ少しでも最低注文本数がクリアできそうになければ、最低注文本数がないウォーターサーバーを選びましょう。

公式サイトなどをよく読み、ウォーターサーバーの購入を考えてみましょう


ウォーターサーバーは、家事などを行うときに活用することができます。しかしなんらかの原因で1年も経たない間で解約を行う場合もあります。

解約した原因について紹介します。原因を知ることで、違約金などを支払うような解約を避けやすくなります。

料金の問題

解約した原因として、料金の問題も多いでしょう。思っていた以上に料金がかかったなどと感じるケースがあります。

この問題を解決するためには、ウォーターサーバーを購入する前に料金を調べることが大切です。電気料金やお水の料金、ウォーターサーバーの料金などいろいろな料金を総合的に計算するようにしてください。

できる限り細かく計算することによって、料金による解約を回避することができるでしょう。

トラブルによるもの

ウォーターサーバー自体に問題があり解約したケースもあります。これはウォーターサーバー自体の問題であれば、違約金などを支払う必要はないでしょう。

そのため請求された場合には、しっかり状況などを説明し支払いについて話し合うようにしてください。また解約ではなく、交換という手段をとってもよいでしょう。

交換することで、正しく使用出来るウォーターサーバーを手に入れることができるはずです。またトラブルが起こったときのウォーターサーバー会社の対応もチェックしましょう。

丁寧な対応や迅速性などチェックすることで、長く使っても大丈夫か否かを見抜きやすくなります。対応が悪ければ、契約期間が過ぎたあとで解約を行っても構いません。

失敗と思わないために・・・

ウォーターサーバーを購入する前には、公式サイトなどをしっかり確認してください。公式サイトには、契約期間・違約金・配達手数料・最低注文本数などが記載されています。

これらを確認することによって、解約した際の問題点を把握することができるでしょう。また少しでもわからないことがあれば、ウォーターサーバー会社に確認をとるようにしましょう。

ただできれば書面で確認をとった方が理想です。言葉だけの確認だと、何かあったときにあとで証明することができません。

購入した後にトラブルを起こさないためにも、注意するようにしましょう。

(まとめ)ウォーターサーバーに契約期間はある?

1.ウォーターサーバーは解約金が発生する契約期間が存在します

ウォーターサーバーには、違約金や解約金がかかるものもあります。サーバーは無料も多いですが、解約時の手数料がかかる場合もあるので注意してください。

注文するボトル本数によって手数料がかかることもあります。公式サイトをしっかり確認してください。

2.ウォーターサーバーは1年以上使う前提で契約をしましょう

ウォーターサーバーには、最低契約期間が定められているものがあります。契約期間内に解約すると違約金が発生するため注意してください。

休止しても手数量がかかる恐れがあります。契約前に試飲や無料お試しサービスなどを試すようにしましょう。

3.ウォーターサーバーは無料である場合も多いです

ウォーターサーバー本体を無料で提供している会社もあります。ウォーターサーバーを返却する際、配送手数料がかかるため注意してください。

返却するときは、お水を排出するようにしましょう。お水が貯まったままだと、故障の原因になる恐れがあります。

4.月に利用するボトルの本数によって手数料が引かれる場合もあります

一部のウォーターサーバーで、ボトルの最低注文本数が定められている場合もあります。最低注文本数があると、クリアできなければ手数料がかかってしまいます。

最低注文本数があるとストック用のボトルが増えすぎることがあるため注意してください。

5.公式サイトなどをよく読み、ウォーターサーバーの購入を考えてみましょう

ウォーターサーバーは、料金の問題やトラブルなどの問題で解約することがあります。事前に料金がどの程度かかるのか計算するようにしましょう。

失敗と思わないように、公式サイトなどでしっかりと料金面やノルマなどを確認するようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。