飲料水として利用する場合、1人当たりの1日の平均使用量は400ml~600ml程度と言われています


ウォーターサーバーを利用すると、冷たいお水やお湯がボタン1つで飲むことができます。気になる残留塩素などが残っている水道水とは異なり、安全なお水がすぐに飲めるところもメリットの1つです。

ウォーターサーバーはメーカーにより注文する単位が違うので、導入を検討する際には1ヶ月にどれだけのお水が必要なのか調べてからの方がいいでしょう。1日の平均使用量は、1人400ml~600ml程度と言われています。

お水の使用量は世帯の人数によって異なるため、人数別にお水の使用料の目安を紹介します。

1人暮らしの平均使用量は一ヶ月12L~18L程度です

1人暮らしの場合、1日の使用量400ml~600mlを元にして計算すると月の平均使用量は12L~18L程度が目安になるでしょう。

ウォーターサーバーは、お水をそのまま飲むだけでなくコーヒーやお茶を作るために使われることが多いと言われています。コップ一杯が約200mlなので、1日にコップ2杯分のお水を使うのが一般的です。

自炊では使用量が増える

自炊の方は、飲み物を飲むだけでなく食事作りに利用することで、さらに使用量が増加するでしょう。カップ麺をよく食べる方、外出先にお水やお茶を持っていく習慣のある方は、水の利用量がさらに多くなります。

利用頻度や使い方に応じて使用を検討しましょう

ウォーターサーバーは、いつでも冷たいお水やお湯を使うことができますが、外食が多く料理をしない方やめったにお湯を使わない方は使用量が少なくなるでしょう。また、1人暮らしで部屋が狭い方は、サーバーの設置スペースを確保することが難しいかもしれません。

1人暮らしの場合には、生活状況から使用が必要かどうかを決めることがおすすめです。

⇒1人暮らしでの詳しいメリットや電気代などの情報は、こちらの記事「ウォーターサーバーは1人暮らしでも必要?」をお読みください。

2人暮らしの平均使用量は1ヶ月24L~36L程度です


2人暮らしの場合には、共働きの夫婦やカップルの場合が考えられるでしょう。ウォーターサーバーの水を料理によく利用するかどうかで使用量に差が出る場合があります。

共働きの夫婦やカップルの場合

2人暮らしの夫婦や家庭の場合には共働きの確率が高く、昼間は家にいないことから使用量が多くはならないかもしれません。逆に、在宅で仕事をしている場合にはウォーターサーバーを使う機会が多く、利用量は平均の数値に当てはまりにくいです。

料理によく使用する場合

ウォーターサーバーを主にお水やお茶、コーヒーなどに使う場合には、月の使用量平均は24L程になります。さらに、料理や炊飯にお水を使う場合には36L以上使うことが多いと言えます。

ウォーターサーバーを導入するメリット

ウォーターサーバーを導入すると、わざわざ水を買いに行く必要がなくなり、いつでもおいしい水が飲めるというメリットがあります。コンビニなどでペットボトルのお茶やジュースを買う必要がなくなるので、健康にいいお水を飲む生活に切り替えることもできるでしょう。

⇒2人暮らしでの詳しいメリットや電気代などの情報は、こちらの記事「2人暮らしの場合でも、ウォーターサーバーは便利なの?」をお読みください。

夫婦と子ども2人がいる4人家族の平均使用量は48L~60Lです


4人家族の場合には、家族の年齢によっても使用量に違いが出る場合があります。小さな子どもや赤ちゃんがいるご家庭では、ウォーターサーバーの便利さが役に立つでしょう。

4人家族の平均使用量

4人家族の場合、1ヶ月の平均使用量は48L~60Lと言われています。赤ちゃんのいるご家庭では1日に何度もミルクを作るので、ミルク作りのために利用するお水の量がさらに多くなる場合があります。

授乳中にも安全な水が使用できる

授乳中のママは、赤ちゃんに悪い影響が出ないように、自分が飲むお水や料理に使うお水に気を遣うことも多いでしょう。赤ちゃんや小さな子どもに塩素が残っている水道水を使うことは不安が多いため、ウォーターサーバーのお水は料理にもよく使われています。

チャイルドロック機能で安心

自分で歩きまわる小さな子どもがいる場合には、誤って熱いお湯を出すことがないようにチャイルドロック機能が必要です。ウォーターサーバーは、サーバーの機能にも十分に注目して選ぶことが重要です。

家庭の生活スタイルに合わせて選びましょう

ウォーターサーバーは、メーカーにより水の種類や注文方法、毎月の電気代などが異なります。希望する水質なのか、注文しやすいかどうかなど、家庭の生活スタイルに合わせて使いやすいものを選ぶことが大切です。

ウォーターサーバーの水の種類は天然水とRO水の2種類
天然水

天然水とは、厳選された水源のある地域から採水された地下水のことです。天然水の場合、採水後には沈殿、ろ過、加熱殺菌の処理しか行われません。

天然水は、自然の良さを残しながら安全に飲めるように不純物が取り除かれたお水です。

RO水

RO水とは、RO(Reverse Osmosis)膜という0.0001ミクロンの超微細孔フィルターでろ過したお水のことです。

RO膜により不純物がほとんど除去された限りなく純水に近いお水なので、まだ消化器官が未発達な赤ちゃんのミルク作りにもおすすめです。

RO水は採水地に関係なく生成できます。水道水からも生成可能なので、水代が比較的安いという特徴もあります。

注文のしやすさやボトルの回収なども比較しましょう

ウォーターサーバーは、メーカーにより注文方法にも違いがあります。毎月定期的にボトルが配送される場合や無くなったときに自分で注文する場合があるので、ご家庭での水の使い方に合う注文方法のところを選びましょう。

注文と同時に、使用済みのボトルの回収にも注意が必要です。定期的にボトルが回収されるのか、回収を依頼する必要があるのかなどを確認して、注文が面倒でないか、使いやすいかどうかまで検討してください。

電気代も含めたトータルコストで考えよう

メーカーや選ぶ機種によって異なりますが、ウォーターサーバーの電気代は平均で月800円~1,000円程度かかります。ランニングコストを抑えたい場合には、電気代にも注目しましょう。

電気を節約しようとウォーターサーバーの電源を切ってしまうと、お湯を温め直すため余計に電気代がかかります。また、何度もオンオフを繰り返すと水質が劣化する恐れもありますので、注意してください。

ボトルの注文ノルマやレンタル料についても確認しましょう

ウォーターサーバーによっては、ボトルの注文ノルマがあるかもしれません。また、配送料やサーバーのレンタル料などが有料の場合もあります。

必要な費用にあとから気づくことがないように、事前によく確認しておきましょう。

注文ノルマがある場合もあります

ウォーターサーバーには、1ヶ月に最低限注文しなければならないノルマがあるケースがあります。水の消費量が多くない場合には、実際にお水を使っていなくてもノルマをクリアするために不要なボトルまで購入しなければなりません。

ノルマがある場合、サーバーのレンタル料が無料のことが多いですが、レンタル料が無料でもノルマの水ボトル代で料金が余計に高くなることもあります。どちらがお得になるのか、よく計算してから決めましょう。

メンテナンス費用

メーカーによっては、サーバーの定期的なメンテナンス費用がかかる場合もあります。1回のメンテナンスで5,000円~10,000円のところが多く、メンテナンスの度に費用がかかるので、ランニングコストを引き上げることになるでしょう。

メンテナンス不要のセルフクリーン機能が搭載されている場合もあるので、機種によって費用を抑えることもできます。

配送料

ウォーターサーバーを導入する場合、エリアによって水ボトルの配送に料金がかかることもあります。配送料は毎月かかる大きな費用です。

お住まいのエリアの配送料が無料かどうか、よく確認してから導入を検討してください。

(まとめ)ウォーターサーバーの人数別の平均使用量は?

飲料水として利用する場合、1人当たりの1日の平均使用量は400ml~600ml程度と言われています

ウォーターサーバーの人数別平均使用量は、1ヶ月当たり1人暮らしで12L~18L程度、4人家族では48L~60L程度かかるとされています。

お水をお料理に使ったり、ボトルに入れてよく外出先に持っていったりする場合など、使い方によってもその使用量に違いが出ます。

特に在宅時間が多い方や赤ちゃん、小さな子どもがいるご家庭では使用量が多くなりがちです。ウォーターサーバーにはお水の種類の違いや注文のしやすさなど、さまざまな違いもあります。

サーバーの電気代や注文ノルマの有無、メンテナンス費用など、必要な費用もそれぞれ異なるので、トータルでコストを計算してご家庭での使い方に適したものを選びましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。