適量であれば、ダイエット時の水分は麦茶などのお茶でも大丈夫です


夏になると、麦茶を多く飲む家庭が増えるのではないでしょうか?麦茶はダイエットにおすすめの水分と言われています。

それは麦茶が低カロリーの飲み物だからです。100㎖あたり1Kcalしかありません。

またカフェインが含まれていないのもメリットです。麦茶に含まれる成分によって、血流促進や新陳代謝UPなどの効果が期待できます。

しかし麦茶の目安は1.5リットル程度と言われています。美味しいからと言って過剰に飲み過ぎないようにしてください。

麦茶は身体に必要なミネラルを効果的にとることができます

麦茶は、夏の定番で飲む家庭も多いのではないでしょうか?麦茶には、ダイエットにおすすめの飲み物と言われています。

低カロリー

麦茶は、100㎖あたり1Kcalしかありません。そのためいくら飲んだとしてもカロリーが気になる程ではないでしょう。

つまり気軽に安心して飲むことができます。

カフェインが含まれていない

ほとんどのお茶にはカフェインが含まれています。しかし麦茶の場合、カフェインは含まれていません。

そのため夜であっても気にせず飲むことができます。また小さなお子様にも安心して与えることができるでしょう。

血流の促進・新陳代謝UP

麦茶には、「ピラジン」と呼ばれる成分が含まれています。この成分は、血流を促進する効果が高いと言われています。

そのため指先など細部にわたって血液を巡らせることが可能になるでしょう。その結果、新陳代謝がUPし、脂肪が燃えやすい体になると言われています。

浮腫みを予防する

「GABA」と呼ばれる成分の働きによるものです。さらに血圧を下げる、腎臓機能を高めるなどの効果が期待できます。

つまり麦茶は、ダイエットを行うために必要な成分が多く含まれています。そのため積極的に取りたい水分と言えるでしょう。

麦茶を多量に飲むと、ミネラルの作用で下痢になる恐れがあります


麦茶でダイエットをするためには、いくつかのポイントを押さえるようにしてください。ポイントを押さえることで、麦茶のパワーを最大限にいかし、安全にダイエットを取り組むことができます。

ホットで飲む

麦茶は、つい冷やして飲みたくなりますがダイエットのためならホットがおすすめです。ホットなら消化器官にストレスをかけずに飲むことができます。

さらに消化器官を冷やさないので、代謝も低下させることは少ないでしょう。

1.5リットル程度にする

健康によいからといって過剰に飲み過ぎるのは良くありません。1日1.5リットル程度までにしておきましょう。

過剰に飲むことによって、麦茶に含まれる成分によって下痢を誘発する恐れがあります。とくに冷たい麦茶を飲めば、消化器官を冷やしお腹を壊しやすくなるので注意しましょう。

食生活も注意する

麦茶は痩せ薬ではありません。暴飲し暴食している状態であれば、麦茶を飲んでも痩せることはないでしょう。

そのため食生活をゼロから見直すようにしてください。野菜をしっかり食べ、タンパク質やビタミンも多く摂り入れるようにしましょう。

そうすることで麦茶との相乗効果でダイエットを成功に導きやすくなるでしょう。

純水であれば、身体へのストレスがかかりにくいです

麦茶は赤ちゃんにも与えることができます。

ホット麦茶の作り方

1.やかんにお水を入れ、沸騰させます。
2.沸騰したお水に麦茶のパックを入れます。
3.麦茶を入れたまま5分待ちます。
4.パックを取り出し完成です。

夏場などは冷蔵庫で保管するようにしましょう。ホットを飲む場合には、電子レンジにいれて加熱してください。

麦茶には水出し用もあるので、水出し用の場合は説明書通りに行ってください。

麦茶以外におすすめの飲み物

麦茶以外には、お水がおすすめです。赤ちゃんに与える場合には、お水の中でも純水を選びましょう。

純水とは、RO膜を用いてろ過したお水のことです。そのためお水以外の成分を99%程度除去しています。

そのため赤ちゃんの未熟な胃腸にストレスをかけないため、安心して与えることができるでしょう。

水道水はダメなの?

日本の水道水は、かなり安全と言われています。そのため成人の大人であれば、水道水でも構いません。

しかし赤ちゃんに与えるのであれば、そのまま与えない方がいいでしょう。水道水には消毒の目的でカルキが多く含まれています。

そのためカルキによって、赤ちゃんに影響を与えないとは言い切れません。赤ちゃんに水道水を与える場合には、必ず沸騰を10分以上行うようにしましょう。

そうすることでカルキを抜くことができます。ただ沸騰した水道水は、消毒効果がなくなったお水です。

そのため早めに使い切るようにしてください。

お水や麦茶ならカロリーがないため太る心配がありません


麦茶やお水はカロリーがほとんどありません。そのため1日の中でこまめに飲むクセを付けましょう。

食生活を見直す

上記でも伝えたように、ダイエットをするために食生活は大事です。高カロリーな食事を摂っていれば、ダイエットを行うことができません。

低カロリーな食事を意識した献立にしましょう。とくにタンパク質やビタミンなどは重要な栄養素です。

不足しないように注意しましょう。

活動量を見直す

毎日、なんらかのエクササイズを行っているという人はいますか?エクササイズを行わなければダイエットを行っても、また太ってしまう可能性があります。

そのため定期的なエクササイズを行うクセを付けましょう。どうしても継続できない方は歩数計などを利用するのも大切です。

客観的に数値として現れるので、日々の反省に繋げることができるでしょう。

日々の生活をチェックする

食べていないつもりでも、実際は食べ過ぎていることがあります。そうならないためにも、食生活やエクササイズ内容、排便などをチェックし見直すようにしましょう。

そうすることで、振り替えることができます。排便コントロールも行いやすくなるでしょう。

客観的に物事を把握することで、ダイエットも成功しやすくなるので一度試してください。

(まとめ)ダイエット時の水分は麦茶でも大丈夫?

1.適量であれば、ダイエット時の水分は麦茶などのお茶でも大丈夫です

麦茶は比較的、低カロリーでカフェインが含まれていない飲み物です。麦茶に含まれる成分によって新陳代謝UPなどの効果が期待できます。

麦茶の摂取目安は1.5リットル程度です。必要以上に飲み過ぎないように注意してください。

2.麦茶は身体に必要なミネラルを効果的にとることができます

麦茶は低カロリーのためダイエットに最適です。カフェインも含まれておらず、どなたでも安心して飲むことができます。

新陳代謝UPや浮腫みの予防などの効果があると言われています。ダイエットを行うためにも積極的に飲みましょう。

3.麦茶を多量に飲むと、ミネラルの作用で下痢になる恐れがあります

麦茶はホットで飲むようにしましょう。ホットで飲むことによって、代謝を低下させることが少ないと言われています。

1日1.5リットルまでにしましょう。飲み過ぎると下痢などの症状を引き起こす可能性があるので注意してください。

食事も見直しましょう。

4.純水であれば、身体へのストレスがかかりにくいです

麦茶を作る方法は、説明書を確認してください。麦茶以外ならお水もダイエットに最適です。

赤ちゃんなら純水もよいでしょう。水道水は大人であれば、そのまま飲んでも構いません。

赤ちゃんに与えるのであれば、必ず沸騰させましょう。

5.お水や麦茶ならカロリーがないため太る心配がありません

食生活を見直し、高カロリーの食事をやめるようにしましょう。タンパク質やビタミンなどは不足しないように注意して下さい。

エクササイズを取り入れ、リバウンドしない身体を作りましょう。日々の生活を客観的にチェックするようにしてください。