ダイエットで筋トレをする場合には、多めに水分を摂取することが重要です

ダイエットで筋トレをする場合には、多めに水分を摂取することが重要です
筋トレもダイエット効果が高い一つの方法です。筋トレを行うことによって、基礎代謝が向上し痩せやすくなるでしょう。

その際に水分を十分に摂取することが大切です。水分摂取によって、痙攣や意識障害などのリスクを下げることができます。

つまりパフォーマンスを低下させることなく、筋トレを継続できるでしょう。こまめに水分を摂取する、一回の摂取量を少なめにすることが重要です。

できればミネラルも一緒に摂取するほうが良いでしょう。自身のレベルにあった強度の筋トレを行うようにしてください。

筋トレを行うことによって、基礎代謝を上げる効果が期待できます

ダイエットのためには、トレーニングを行うことも大切です。トレーニングは行う内容によって、2種類に分類することができます。

トレーニングの種類

トレーニングには筋トレなどハードなものと、ウォーキングなどのソフトなものに分類可能です。ソフトなトレーニングであれば、20分以上行うことによって効果を発揮すると言われています。

体脂肪を減らすなどが主な効果でしょう。一方、筋トレは筋力をつける効果が期待できます。

筋力をつけることで、基礎代謝が上がり痩せやすい身体に導くことができるでしょう。また見た目的にも身体を引き締めることができると言われています。

無駄なぜい肉を落とすことによって、キュッと引き締まったボディラインを整えられるでしょう。

筋トレとは

ダンベルをもって行う方法や自重で行う方法があります。どちらにしても、筋肉に荷重を加えることで筋力アップを図れるでしょう。

10~15回程度を1セットとし3回程度繰り返すことによって、より効果を発揮できます。女性の場合、ホルモンなどの影響でマッチョになることは、ほとんどありません。

身体を引き締める効果があるため、ダイエット中の女性は取り入れた方が良いでしょう。筋トレを行うことで、より理想的なダイエットの成果を出すことができます。

水分摂取によって、運動パフォーマンスを上げることができます

水分摂取によって、運動パフォーマンスを上げることができます
どのようなトレーニングを行ったとしても、水分摂取は重要になってきます。

水分摂取の必要性

もしも水分を摂取しなければ痙攣や意識障害などを招き、運動パフォーマンスを落とす原因になるでしょう。つまり筋トレ中にケガをするリスクも高めます。

筋トレ中も水分を十分に摂取し、ケガ予防を図ってください。

水分摂取の方法

トレーニング中の水分摂取は、最適な方法があります。まずは、こまめに摂取することが大切です。

少しでも喉の渇きを感じた時点で体内は水分不足の状態と言われています。そのため渇きを感じる前に水分を摂取することが重要でしょう。

できれば15分に1度は水分を摂取するように意識してください。また1度に多く摂取してしまえば、お腹が膨らみパフォーマンスを低下させてしまいます。

そのため少量ずつ摂取することが大切です。およそ200ml程度を意識して摂取しましょう。

もちろんトレーニングをしていないときも水分摂取は必要です。しかしトレーニングによって発汗や呼吸などで失う水分量が増えてしまうでしょう。

そのためトレーニング中は、より意識して水分を摂取してください。

ミネラルを含む水分が運動中には適しています

トレーニング中は、できればミネラルが含まれている水分のほうが適していると言われています。

トレーニング中、ミネラルが含まれた水分が良い理由

トレーニングをすると、多くの汗をかくでしょう。汗の中には水分だけでなく、ナトリウムなどの成分も含まれています。

そのため汗を舐めると少し塩っ気がするのは、そのためです。ナトリウムも失われているので、ミネラルも一緒に摂取したほうがいいでしょう。

ミネラルを含まない水分だけを摂取すれば、体内のミネラルの濃度を低下させてしまいます。その結果、体調不良の原因になり意識混濁などの症状を呈するでしょう。

つまり体調を整えるためにも、ミネラルを含んだ水分を選ぶようにしてください。

トレーニング中におすすめの水分

トレーニング中には、スポーツ飲料が最も適しています。スポーツ飲料は、トレーニングを行う際に特化して作られており最適な分量で作られているでしょう。

バランスが整っているため、スムーズに水分摂取をすることができます。ただし糖分が多いため、飲み過ぎには注意が必要です。

トレーニングの強度に応じて摂取量を調整しましょう。またトレーニング以外では摂取はおすすめできません。

トレーニング以外には、お水などを摂取するように心がけてください。ほかにも軽度なトレーニングなら、ミネラルが含まれるため麦茶もおすすめです。

麦茶なら糖分も含まないため、ダイエットには適していると言えます。トレーニングの強度で最適な水分を選んでください。

自身のレベルに応じた運動強度で筋トレを行いましょう

自身のレベルに応じた運動強度で筋トレを行いましょう
筋トレなどのトレーニングを行う際には、強度が最も大切になってきます。

自身のレベルにあった強度が重要です

筋トレを始めたときは、やる気スイッチが入り強度を強めに行うケースが多くあります。強すぎる強度は、痛みなどのケガを引き起こしてしまうでしょう。

一方、弱すぎてしまうと筋力がアップしません。そのため自身のレベルに合った強度で行うことが大切です。

少し筋疲労を感じる程度なら、調度いい強度と言えます。無理せずに行ってください。

トレーニングの方法

筋トレは毎日継続する必要はありません。週に2~3回程度実施することで効果を発揮します。

毎日できるような筋トレであれば、少し強度は弱めでしょう。もう少し負荷を上げ、筋疲労を感じる程度までレベルアップしてください。

下半身の方が、大きな筋肉が集中しています。より効果を上げるためには、下半身を中心としたトレーニングを実施しましょう。

(まとめ)ダイエットで筋トレをするときの水分摂取の方法は?

1.ダイエットで筋トレをする場合には、多めに水分を摂取することが重要です

筋トレを行うことによって基礎代謝が向上し、痩せやすくなります。水分を摂取することで痙攣などのリスクを低下させ、運動パフォーマンスを維持できるでしょう。

こまめに水分を摂取し、1回の水分は少なめにしてください。ミネラルを含む水分が適しています。

2.筋トレを行うことによって、基礎代謝を上げる効果が期待できます

トレーニングには筋トレなどのハードなものと、ウォーキングなどのソフトなものに分類することができます。ソフトなトレーニングは、体脂肪を減らす効果が期待できるでしょう。

ハードなトレーニングは基礎代謝を向上し、身体を引き締める効果が期待できます。

3.水分摂取によって、運動パフォーマンスを上げることができます

水分を摂取しなければ、痙攣や意識障害などを引き起こします。ケガ予防のためにも水分摂取をしましょう。

こまめに少量ずつ水分を摂取することが大切です。汗や呼吸などによって失う水分が多いため、トレーニング中はより水分摂取を意識してください。

4.ミネラルを含む水分が運動中には適しています

トレーニング中は多くの汗をかくので、ナトリウムなどのミネラルも失われます。ミネラルを失ったままだと、体調不良の原因になります。

スポーツ飲料などミネラルを含む水分を摂取してください。スポーツ飲料は糖分も含むため、取りすぎは注意してください。

5.自身のレベルに応じた運動強度で筋トレを行いましょう

強すぎる強度はケガに繋がります。弱すぎる強度では筋力アップが図れません。

やや筋疲労を感じる程度の負荷量でトレーニングを行ってください。週に2~3回程度を目安に実施しましょう。

下半身を中心にトレーニングすることで効率がアップします。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。