ヒーローイメージ

IT'S NOT ALWAYS CALM

江刺家愛の波あり人生

2017-04-28

Share

日暮れ前、鎌倉の海で波乗りを終えた一組の親子、お父さんと10歳くらいの男の子が、ショートボードを抱え、ゆっくりと砂浜を歩いてきた。歩道へ向かう階段の下の、細かい木片などがたまっている所にタオルとペットボトルが置かれていて、2人はそこで、まずお父さんがタオルで顔を拭き、男の子はペットボトルの飲み物をゴクゴクと飲んだ。次にお父さんへそのボトルが手渡され、タオルが息子さんの頭の上にハラリとかけられた。そしてお父さんも一気にグビグビ、男の子は髪をシャカシャカと拭く。この間、お二人はずっと海を、波を見続け、一言も会話は無い。たまにペットボトルがお互いの手を行き来するだけの、静かなひととき。一本のタオル、一本のドリンクボトル、そして一本の波…、一つを分かち合うのは物が二分の一になるのではなく、幸せが二倍に膨らむことを言うのかも。

2017-04-21

きょうの料理

お料理番組の大御所、NHK「きょうの料理」。その初心者向けの番組が「きょうの料理ビギナーズ」で、ここに登場するキャラクター「高木八ツ江」さんは、紹介されるレシピ以上に良い味を醸し出している。78歳とは思えないほど活動的、ユーモアに溢れるお茶目なおばあちゃまだ。その八ツ江さんはフラがご趣味なようで、たまにフラのお仲間3、4人も登場し、大きなハイビスカスが描かれた原色のムームーを着て、手をウエイブのモーションに、腰をフリフリ揺らしステップを踏んでいる。これがいかにもアロハで、料理だってなんだって興味を持ったらとことん楽しまなきゃ、ダメなのよ~と言った感じ。更に八ツ江さんはこのフラのお仲間の誘いで、嘗てハワイに長期滞在していたらしい。割烹着姿からは分からないけれど、かなりハワイ文化に精通しているのかも、八ツ江おばあちゃま。

2017-04-14

Excuse

買い食いとかつまみ食いとか、ちょこっと後ろめたい行為には、楽しさ美味しさ満足度を増幅させる感がある。ただ、その後の言い訳は苦肉の策としか言い様のないチープなものが多い。会社勤めをして2年目の5月、真っ青な空に暖かい南風が心地好いある日、都内へ向かう横須賀線を途中で降り、自宅へ戻り、会社へ具合が悪く休むと電話を入れた。そして水着やタオルを鞄に入れ、海へと向かった。半日ウィンドサーフィンを楽しんだ翌日、出社して先輩から受けた第一声が、「日に焼けた?」。冷静を装いつつも私が口にした言い訳は、「ベッドが窓際にあり、太陽に当たりながら休んでいたから、少し焼けたのかもしれません」。さて4月も中旬、日光は真実をしっかり透かす程に強くなってきた。

2017-04-07

桜色

猫や犬の鳴き声を翻訳する機械が以前に話題になったが、植物や花の感情が色や形など何かで表されたらどうだろう?例えば紙を幹に巻くとその紙の色が変わり、それで木や花の喜怒哀楽が分かる。今なら桜の気持ち。カメラが花びらに触れるほど至近距離に近づくと、恥ずかしげに真っ赤に染まるとか、根っこの辺りに人が座ったり荷物を置いたりすると、苦しい~!と青い色になったり、舞う花びらを追いかける子供を前に、幸せの黄色が広がる…などなど。開花から散り際まで、朝も夕も、雨が降ろうが風が吹こうが、アイドルの如く人に囲まれ続ける桜の、華やかな姿からは想像出来ない本音を知りたいような気もする。いや、自由に葉を広げたり風まかせに花を散らしたり出来ない、そんな社会に生きる人間に対し、桜の木は何も語らず受け入れてくれているかな。

プロフィール

プロフィール画像

AI ESASHIKA

初めまして!江刺家愛と申します。
私はラジオパーソナリティ、MC等をなりわいとしています。鎌倉育ち、海が大好きなアナログ人間です。
今までWSF、ボディボードを経験し、現在はロングボードを楽しみつつ、貝集めて、ゴミ拾って裸足でのんびりしています。
最近、小さくなっていく砂浜が心配です。増えていくゴミが、切ないです。いつまでも、澄んだ海で、美しい日本でありますように。
これから、私の日常の中でのAlohaな出来事や出会いをお届けします。
少しでも、あなたの生活に潤いが生まれれば、嬉しいです。

アーカイブ

商品のお申し込み・お問い合わせ