ヒーローイメージ

IT'S NOT ALWAYS CALM

江刺家愛の波あり人生

2018-12-27

今年春の台風の後、道端でサボテンを拾った。ウチワサボテンの一種で、手のひらくらいの大きさがひと節、寂しげに落ちていた。潮風をあび、表面はカラカラに乾きトゲも変色していたので、駄目かなと思いつつも水に浸けておいた。たまに水を変えたり足したりするぐらいで殆ど手をかけなかったのだが、2ヶ月を過ぎた頃、驚いたことに1センチ程の根が数本伸び始めているではないか!絹糸のようなか細さながら、真っ白な1本1本からは、未来へむけての生命力がビンビンと伝わってきた。あんなにひどい状態だったのに、凄い。ここで振り返って、自分はどうか?この1年、どれ程成長しただろう?新しい自分を生み出せただろうか?後ろにはしっかりとした根が伸びているのだろうか…? サボテンは今、また新たな節が出来て上へ上へと向かっている。さぁ、間もなく2019年、しっかり根を張れ、成長しろ、自分。 この1年、有難うございました。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018-12-19

何人(なんびと)もサンタクロース

平日の朝、地元のバスに乗っていると、次の停留所でベビーカーを引くお母さんが待っていらした。ドアが開いた途端、近くに座っていた方がベビーカーを持ち上げるのに手を貸して差し上げた。車内が和む。次のバス停では、待つ人がいないのに乗車ドアが開き、少しお待ち下さいと運転士さんのアナウンス。すると、前方からご高齢の方が手を上げながらゆっくりバスに向かってこられていた。乗られた時には、安堵感いっぱいの有難うございました!の声。車内はぬくもりが広がる。暫く行くと、親子が乗車されたのだが、あいにく二人がけの席には一人づつ座っている。親子が離れて座ろうとしたところ、二人がけにいらした方が移動し、親子を並んで座らせて差し上げた。お母さんの有難うございますの後、お子さんの “アイガトゴダイマス” の一言に、バスはキラキラな光りに包まれた。『思いやり』は、誰でも届けられる贈り物。私達はみんな、いつでも誰かのサンタクロースになれるのだ。 Merry Christmas!

2018-12-14

ビタミントースト

カボスや柚子がたわわに実っている木を見かけるが、もう取りきれないのか、そのままにされているお宅が多い。また友人やご近所さんから立て続けに頂く事も多々ある。そこで、ビタミンいっぱいの果汁を存分にいかせるメニューをご紹介。それは、カボストースト。柚子やカボスの果汁を、こんがり焼いてバターを塗った食パンの上に絞るのだが、レモンを使った濃厚なイギリスのスプレッド “レモンカード”風と言った感じ。または、牛乳と卵は使わず果汁だけにパンを暫く浸してから焼いて蜂蜜をかける、爽やかなフレンチトースト。こちらは干しぶどうを一緒に漬けておくと、より風味が増す。どちらも果汁の量は、多すぎる!くらいがおすすめ。お庭の柑橘類を消費しきれないと言う方、ビタミン供給と共に如何でしょう?

2018-12-10

目は口ほどに…

師走の慌ただしさの中、つい身の周りの物事を適当に済ませてしまいがち。先日は鍋物を作ろうとしたのだけれど、量は多くないし、土鍋を出すのも面倒だなと思い、普段お味噌汁などを作るのに使っているアルミの片手鍋でこしらえた。野菜をたっぷりと入れた魚介の水炊きで、グツグツ煮込み、そろそろ良いかなと蓋を開けてみたところ、どうも見映えが悪い。ほわ?と立ち上る白い湯気の中、色とりどりの野菜が汁の中で煮える様子は、目にも美味しい、はずなのに、そんな視覚的旨味が全くない。水炊きと言うより、カレーかけんちん汁の途中と言った感じに見える。やはり鍋物は、それぞれの具を広々と並べられる口の大きさ、野趣溢れるどっしりとした土鍋でないと、具材の美味しさが伝わってこないようだ。見た目の大切さを忘れない…、気忙しいこの時期こそか。

プロフィール

プロフィール画像

AI ESASHIKA

初めまして!江刺家愛と申します。
私はラジオパーソナリティ、MC等をなりわいとしています。鎌倉育ち、海が大好きなアナログ人間です。
今までWSF、ボディボードを経験し、現在はロングボードを楽しみつつ、貝集めて、ゴミ拾って裸足でのんびりしています。
最近、小さくなっていく砂浜が心配です。増えていくゴミが、切ないです。いつまでも、澄んだ海で、美しい日本でありますように。
これから、私の日常の中でのAlohaな出来事や出会いをお届けします。
少しでも、あなたの生活に潤いが生まれれば、嬉しいです。

アーカイブ

商品のお申し込み・お問い合わせ