ヒーローイメージ

IT'S NOT ALWAYS CALM

江刺家愛の波あり人生

2019-02-27

Spicy Movie

アカデミー賞の発表に続いて春の新作が届き、映画をご覧になる方がこの時期は多いのでは? 先日ビデオで、2012年のインド映画『マダム・イン・ニューヨーク』を観た。英語を話せない事で夫や娘にコンプレックスを抱く女性が、ニューヨークを一人で訪れ、あらゆる場で言葉の壁にぶつかりながらも、英会話学校へ通ううちに自信がつき輝いていくと言うストーリー。女性差別、人種問題、LGBTなど、今世界で取り上げるべき事柄がスパイスとしてピリッと効いている。また、主人公の女性が料理上手な事から、美味しそうなインドのおかずやお菓子が並ぶ場面が多く、それがストーリーに深みを与えている。人生を変えるのは自分、何が幸せかを決めるのも自分…、オールスパイスの如く、刺激的且つ、ぬくもりに溢れた作品。尚、インド映画の定番である突然の歌と踊りは、控えめです。

2019-02-21

COCO&SURF

シャネルのデザイナーであったカール・ラガーフェルド氏が亡くなられた。新聞記事には、「シャネルらしい伝統的なモチーフを生かしつつ、ストリート感覚を取り入れ、現代的な洗練さで注目を集め続けた」とあった。そんな洗練さの一環なのか、シャネルにはサーフラインがあり、あのCOCOマークのサーフボードやウエットスーツが作られていたり、サーフィンをイメージしたバッグなども販売されているとのこと。これらにカールラガーフェルドさんがどこまで関わっていらしたかは分からないけれど、世界的なファッションブランドにサーフィンが何かしらのインスパイアーを与えた事は事実であり、これこそ、生き方にもサーファーらしさ、格好良さを追求する波乗りの語るところではないかなと思う。では今後、ヨットのルイヴィトンカップのように、サーフィン界をサポートする高級ファッションブランドは出てくるだろうか?

2019-02-15

1本勝負

スーパー内での焼き芋販売コーナーが、増えていると思う。専用の焼き機が野菜売り場の隅っこに置かれているのを、よく見かけるようになった。次の焼き上がり時刻がプレートに記載されている所では、時間が近づくにつれてパラパラと周りに数人集まってくる。しかし私を含め皆さん共通して、自分は焼き芋が目当てではないと言った様子で待っている。ちょっと離れた場所で他のものを選ぶようにしながら、でも焼き芋コーナーに視線をチラチラと向けつつ、今か今かと待つ。そこには、焼き芋好き同士だけが感じる、緊張した空気が漂っている。これは、値段が1本いくらと決まっていながらも、多少大きさや形、固さなどの違いがあるからだ。しかし1本ずつ手に取って、ひっくり返したりあれやこれや確かめるのは、マナーに反すると言うもの。誰よりも早く、出来るだけ大きく、どっしりホクホクした焼き芋を手に入れるのは、まさに石焼きの如く熱い、一本勝負なのである。

2019-02-08

チョコレートは語る

贈り物のチョコレートは今、コロンと丸みのある、様々な味のボンボンショコラがメインとなっているが、私はスッと背筋を伸ばしたような帝国ホテルのスティックチョコレートに惹かれた。1本の長さは10㎝ほど、厚さ1㎝くらいで、味は苦味が強めのビターと、ホワイトチョコとのマーブルのみ。このマーブル模様がとても美しい。また、ビターは黒地、マーブルは金地の紙に包まれ、細字で帝国ホテルと書かれている。潔いほどのシンプルさ、カジュアルなスティック型でありながら上品で、大人の風格や余裕が感じられる。印象としては、粋な蕎麦屋、と言ったところか? しかし蕎麦屋でのお礼なら、さほど懐を気にせずにいられるが、帝国ホテルのスティックチョコレートとなれば、御返しは当然、ご宿泊を期待しますわよねぇ…。

プロフィール

プロフィール画像

AI ESASHIKA

初めまして!江刺家愛と申します。
私はラジオパーソナリティ、MC等をなりわいとしています。鎌倉育ち、海が大好きなアナログ人間です。
今までWSF、ボディボードを経験し、現在はロングボードを楽しみつつ、貝集めて、ゴミ拾って裸足でのんびりしています。
最近、小さくなっていく砂浜が心配です。増えていくゴミが、切ないです。いつまでも、澄んだ海で、美しい日本でありますように。
これから、私の日常の中でのAlohaな出来事や出会いをお届けします。
少しでも、あなたの生活に潤いが生まれれば、嬉しいです。

アーカイブ

商品のお申し込み・お問い合わせ